乾燥肌に悩んでいて、保湿効果のあるスキンケアをしている方は多いですよね。
ただ一言に乾燥肌と効くと、お肌の乾燥だと考えます。
ですが、実はそれだけではないのです。
乾燥肌になるとかゆみを伴います。
さらにかき過ぎてしまうとしまうと、お肌が傷ついてしまいます。
そして顔が乾燥することで、ニキビができやすくなってしまうのです。
これは乾燥ニキビというもので、ケアをしてもまた顔が乾燥して水分が少なくなると再発してしまう、やっかいなものです。
寒い季節にお肌が乾燥するとはよく聞きますが、乾燥肌が進行してしまうと、夏の湿気が多い時期でも、お肌はずっと乾燥してしまいます。
ですので、乾燥する時期だけでなく、毎日欠かさず保湿ケアをすることが大事なのです。
ですが、ただスキンケアをするのではなく、乾燥肌になってしまう原因を知ることも大事です。
そこで、乾燥肌になってしまう原因についてお話していきます。

お肌には本来、水分量を維持したり、紫外線などからお肌を守ってくれる機能があります。
ですので、健康なお肌で、なおかつきちんとしたスキンケアを行っていれば、乾燥肌になることはありません。
ではなぜ乾燥肌になってしまうのでしょうか?

お肌の角質の層に含まれている成分は20%から30%と言われています。
これは健康なお肌の水分率です。
この水分率が20%を下回ってしまうと、いわゆる乾燥肌になってしまうのです。
その原因は実はたくさんあります。
ひとつの大きな原因は加齢です。
年齢を重ねると、お肌の代謝が悪くなってしまい、新しい肌細胞を作れなくなってしまうのです。
そうすると、水分の保持がうまくできなくなってしまい、乾燥肌になります。
そして女性はホルモンバランスの乱れもあります。
毎月の月経や妊娠などの影響で、ホルモンバランスが崩れ、お肌の乾燥を進行させます。
女性はホルモンバランスが崩れてしまうと、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。
そのストレスも、お肌が乾燥してしまう原因なのです。
食生活が乱れたり、もちろん喫煙もお肌には悪影響です。
こちらは身体の内側からの原因ですが、もちろんお肌は外側からも影響されます。

外側からの刺激ですと、まず代表的なものは紫外線です。
お肌は紫外線を浴びると、お肌を守ろうとするため、肌表面を固くしようとします。
その結果、乾燥肌になってしまうのです。
温度変化にも気を付けなければいけません。
急激な温度差は、身体のストレスとなり、自律神経が乱れます。
それが身体全体のコンディションを変えてしまうのです。

こういったお肌の刺激を抑制するために洗顔やスキンケアをしますが、このスキンケアの方法を誤ってしまうと更に乾燥が深刻になります。
例えば洗顔をしっかりしたとしても、その後に化粧水だけつけても、お肌の水分は蒸発してしまうのです。
乳液や保湿クリームなどで、しっかりと蓋をしてあげることが大切です。

このように乾燥肌の原因はさまざまです。
まずは自分が乾燥肌になってしまった原因を把握し、乾燥させない生活習慣、そして正しいケアをしましょう。