学生時代よりもおしゃれにより一層磨きがかかる20代。
20代のお肌はまだ若々しく、ハリもありますよね。
ですが、実は20代はお肌の曲がり角と言われていることをご存知ですか?
学生のころは気にしたこともない顔のかさつきを感じる方も多くいらっしゃいます。
乾燥肌や吹き出物、そして乾燥に加えて顔のべたつきに悩んでいる方も多いのです。
これは学生を卒業し、社会人になり生活習慣が変わったことが大きな原因だと考えられています。
仕事で疲れて帰ってきて、メイクも落とさず、スキンケアもせずにベッドに直行なんて経験がある方もいると思います。
20代はお肌の変化が特に多い時期です。
たった半年でもお肌の変化は凄まじいのです。
こうした20代のころのお肌ダメージの積み重ねや、スキンケアが今後のお肌人生を決めるといっても過言ではありません。

では20代のお肌のバランスは実際どうなっているのでしょうか?
お肌の水分量と皮脂量の変化についてですが、10代から20代になるにつれて、水分量は激減します。
水分量の激減は30代前半で一度落ち着き、そこからはゆるやかに減っていきます。
対して皮脂量ですが、これは10代から20代にかけて激増してしまうのです。
そして30代の皮脂量をピークとして、50代にかけては激減します。
こうしてお肌の水分と皮脂のバランスを見てみると、20代の肌は乾燥肌でもあり、べたつきやすいのです。
お肌のトラブルが表れやすいのも20代の肌の特徴です。

ですが、こうした20代のお肌は保湿ケアをしっかりすることで改善できます。
20代の方の乾燥肌のスキンケアは高い保湿効果のある化粧品をおすすめします。
べたつかないものというのがポイントです。
では20代の乾燥肌のスキンケアをするにあたり、その化粧品の選び方をご紹介します。

まずは使い続けられるものを選ぶということです。
スキンケアは毎日するものなので、定期的に化粧品を買うことになります。
そこでとても高い化粧品を選んでしまうと、効果があったとしても続けることが困難になってしまいます。
無理のないお値段で、続けられるものを選びましょう。

そして同じメーカーで化粧品を揃えることも大事です。
しっかりと同じメーカーのものを使うことで、最適な量の美容成分がお肌に吸収されるので、より効果を実感できます。
少しでもいいものを使いたいという方は化粧水と乳液だけでも、同じメーカーで揃えるといいですね。

最後にとても大切なのは、自分のお肌の悩みに合っている成分を選んであげることです。
乾燥肌にはセラミドやコラーゲン、そしてヒアルロン酸が良いとされています。
成分表をしっかりチェックして、高い保湿力があるものを選びましょう。
できれば、お肌によく浸透するものがいいです。
とても敏感な20代のお肌は吸収率も良いので、浸透率の高いものだと、お肌の変化を感じられます。
そして毛穴が目立ってしまうのもこの時期です。
毛穴を引き締める効果があるスキンケアをしてください。
20代のお肌は若いです。
ですが、まだまだ若いから大丈夫とは決めつけず、毎日コツコツと未来のお肌のためにスキンケアをしましょう。

【関連記事】⇒気になる顔の乾燥肌対策におすすめのクリームはこれ!