乾燥肌や敏感肌で悩んでいる女性はとても多いです。
実はこの乾燥肌と敏感肌は、線引きが難しく、自分でも判断しずらいのです。
ですが、一般的に敏感肌と言われている症状があります。

例えばお肌の乾燥が強いと感じてしまう方は、敏感肌である可能性が高いです。
敏感肌はただ乾燥しているだけではないのです。
お肌が刺激にとても弱くなっている状態になっています。
この場合、一般的な保湿ケア用品では、お肌が刺激に耐えられず、逆効果になってしまいます。
敏感肌にはそのお肌に合った専用のケアがあります。
ですが、敏感肌の保湿ケアとひとことにいっても、販売されている敏感肌用の保湿ケア用品の種類も多いですよね。
そこで敏感肌に最適な顔の保湿ケアについて、お伝えしていきます。

まず通常、敏感肌と言われるものはどういった特徴があるのでしょうか。
代表的なものはお肌の乾燥です。
特に顔は直接空気と接する機会が多いので、乾燥しやすくなっています。
場合によっては顔から粉をふいてしまうこともあります。
そして次にかゆみもあります。
これは外部の刺激により、生じてしまうものです。
お肌が弱い状態なので、ほんの少しの刺激でも、菌が繁殖してしまうため、かゆみが出てきます。
吹き出物が出来てしまうのも、敏感肌の特徴になります。
これは毛穴が詰まりやすくなっているため、皮脂が溜まってしまうのです。
もっとひどい状態になってくると、お肌がかぶれてしまいます。
こういう状態になってやっと病院に行ったりと、対処する方も増えてきます。
こうなる前にご自分でしっかりとケアしていきたいですよね。

ではこういった敏感肌の方はどういった保湿ケアをすればいいのでしょうか?
まずは顔の汚れをしっかりと落とすことが大切です。
この時、クレンジングは低刺激のものを選ぶことがポイントです。
油分の多いものは選ばないようにしてください。
油分の多いオイルタイプは洗浄力が高いものが多いので、お肌への刺激が強くなってしまいます。
洗顔や化粧水、乳液も同様に顔への刺激が低いものを選びます。

化粧水を使う際は、コットンではなく、手のひらで優しくお肌になじませてください。
コットンのように柔らかいものでも、敏感肌にとっては傷の原因になってしまいます。
叩くのではなく、馴染ませるのです。

そして敏感肌の方に大切なのは、保湿クリームです。
その中でもセラミドが多く配合されているものを選びましょう。
セラミドはお肌をバリアする役割がありますので、顔の保湿ケアに有効です。
敏感肌には天然成分からできている無添加のものがおすすめです。

このように保湿ケアが難しい敏感肌であっても、きちんとお肌に合ったものを選べば、お肌のトラブルはなくなるのです。
間違ったスキンケアをしてしまうと、お肌を傷つけてしまいます。
そして顔の表面は潤っているのに、お肌の中は乾燥しているという深刻な状態になってしまいます。
ただ保湿をすればいいという訳ではありません。
まずは自分のお肌の状態をしっかりと把握することから始めてください。
そしてそのお肌に最適なケアを実践して、お肌を健康にしましょう。